Digital Signage

    高輝度屋内用2,500cd/m2

    Window monitor

ウインドウモニター

窓のあきスペースにモニター・ディスプレイを置くとことで店舗広告ができます。 42インチ46インチ55インチ窓枠におさまる丁度いいサイズの業務用モニターをご用意しております。

高輝度

日中の直射日光に一般的なテレビのディスプレイは負けてしまい画面が黒く映ります。業務用に開発されたウインドウモニタは2000~2500cm/㎡超高輝度なので太陽光にもまけず日中でも鮮明に映像を映し出すことができます。

輝度カンデラとわ?

液晶パネルは映像を映し出すだけで発光するわけではありません。液晶パネルを明るく照らすにはバックライト LEDやCCFL(蛍光管)を使用し液晶パネルを照らす必要があります。この明るさが明るいほど輝度が明るいと いうことになります。単位はcm/㎡で表し1平方メートル当たりの光量となります。屋外でスマホ画面やデジ カメの画面がみずらくなるのはバックライトが暗いから画面が暗くなるわけです。

LEDビジョンとの違いとは?

交差点やパチンコ屋さんに設置してる大型のモニター最近ではテレビのようにきれいに画像を映し出しているのでよくテレビの大きなものと勘違いをされますが、液晶ディスプレイとはまったくの別物です。LEDビジョンは赤・緑・青のLEDが直接光り輝くことで映像を映し出しています。近くでみるとLEDの粒があるのがはっきりとわかります。この粒のピッチが狭ければ狭いほど、テレビのような画質に近づきます。輝度は5000カンデラと一般モニターの10倍以上の明るさです。屋外広告を目的とする場合遠くにいる人や車に向かって存在感を主張しなければいけません。明るければ明るいほど光が遠くまで届き目立つということです。屋外広告物にとって明るさは重要なのです。

    brightness